Take a Risk:林岳彦の研究メモ

自らの研究に関連するエトセトラについてのメモ的ブログです。主にリスク学と統計学を扱っています。

発表資料アプ/連続的なリスクのどこに「線」を引くのか:米国EPAのPM2.5基準値改訂、その"正当化ロジック"を読む

こんにちは林岳彦です。ここ数ヶ月の「朝7時55分のもこみち」と「朝8時10分あたりのもこみち」の落差は大魔神佐々木のフォークといい勝負だと思います。 さて。今回は昨日のFoRAM研究会での発表資料をアップしてみます*1。研究会当日はこのスライド資料を見…

PM2.5の基礎情報:その定義と発生源と環境中濃度と健康影響と基準値とYシャツと私(v1.2版)

こんにちは林岳彦です。はじめて買ったCDは「種ともこ」です。 さて。私はここ最近は来週のリスク評価研究会での発表のために、PM2.5関連のいろんな文書を読んでました。ちょうどそんな折、中国のPM2.5汚染がホットなニュースになっているようなので、ものの…

あの娘ぼくがiPadでプレゼンしたらどんな顔するだろう

今年も生きてるよ!明けましておめでとうございます。みなさま年末年始はどう過ごされましたでしょうか?*1 今日はエア後輩およびプレゼン倦怠期*2のみなさまに向けて、「iPadを用いたプレゼン」について書いていこうと思います。 さいきん私は、なるべくiPa…

【研究会告知】連続的なリスクのどこに「線」を引くのか:米国EPAのPM2.5&オゾン基準値から見る"基準値ガバナンス"

ジーザスアンドメリークリスマス!やっと論文執筆に充てる時間がでてきたと思ったらもう年末という今日この頃です。みなさまはお元気でしょうか? ところで来年の1月23日(水)に以下の研究会を行うので告知いたします: 第30回リスク評価研究会(FoRAM)を…

こんなハロウィンはいやだ

RStudioからknitrでレポートを自動作成してみた

こんにちは。オソブサ*1でおなじみの林です。お盆なのでBON JOVI聞いています*2。論文はまだ書けていませんけど何か。 さて。さいきんTokyo.Rの和田計也さんという方のちょう素晴らしいプレゼンファイルを拝見いたしました。そろそろRStudioの話でもしてみよ…

(私にとって)STSはなぜ必要か

あーまだ全然論文書けてないっすけど、今日はいきおいで書いてみたいと思います。 ええとまず一般論として、「〇〇とは何か?」という問いってちょっと難しいですよね。例えば、犬のことは良く知っていても、「犬とは何か」って言われると意外とどう答えてい…

しばらく更新止まります(論文書きのため)

こんにちは。先日スカイツリーに行って来ました。それなりに混雑してました。その混雑のなかで、20歳くらいの若いカップルと一瞬すれ違ったのですが、そのときにそのカノジョの方がカレシに対して「ねえ〇〇君て、さしこってどう思う?」ていう質問を投げか…

発表資料アプ『相関と因果について考える:統計的因果推論、その(不)可能性の中心』

オッス!オラ悟空!(嘘)さいきんナンプラーに杏ジャムを組み合わせることで、パッタイ的風味*1が出せることに気が付きました。みんなも是非やってみてくださいね。あと、さいきん研究所内のカジュアル系セミナーで「相関と因果について考える:統計的因果…

Risk Analysis誌特集号「リスク評価と分配・衡平性・経済分析」の輪読会資料をアプしてみた

こんにちは林です。いまは学会でブロッケンJrでおなじみのベルリンにいます。ドイツということで、中野ブロードウェイで買ったNeu!のTシャツを発表の際に着てみたのですが全く反応がなく残念です。さて。先日FoRAMの有志で行ったRisk Analysis誌の輪読会資料…

統計的因果推論(傾向スコア)の勉強会資料をアプしてみた

みなさまお久しぶりです。私はけっきょくminor revisionに三ヶ月もかかってしまい他の仕事にしわ寄せキまくってます。今回は某勉強会で傾向スコアを扱ったのでその勉強会資料をアップしてみます(環境によってはサムネ画像がでないかも)。 傾向スコア:その…

業務連絡:査読プレイのためしばらく更新止まります

雑用の嵐は過ぎ去ったのですが、そうこうしている間に投稿していた論文が帰って来ました。というわけで、査読プレイ*1に集中するためにしばらく更新止まります。あまり遅くならないうちにまた再開できるように頑張りたいと思います*2。 *1:覆面をしたSドク者…

リスク学会若手WS「ポスト3.11.のリスクガバナンスの失敗学」の報告・資料メモ

こんばんは。みなさまお元気でしょうか。私は今夜もずうっと雑用です。もう嫌だ。さて。今日は、昨年11月に行われた日本リスク学会の若手ワークショップの報告・資料のメモをしておきたいと思います。若手による次の時代のリスク評価を考えるワークショップ …

まとめる保高さん:土壌中の放射性物質と農作物の現状および課題についての総説のメモ

こんにちは。みなさまお元気でしょうか。私は今夜も雑用三昧です。日本のアカデミズムの将来よりも自分の将来が心配です。さて。今回は産総研の保高徹生さんが「土壌中の放射性物質についての現状と課題」についてまとめた総説を公開されたのでメモしておき…

因果グラフからみる交絡問題:「遺伝統計学における因果問題の特殊性」について考えてみた

どもっす。先日のdo演算子についてのエントリーに関しては多数の方々にブクマやスターをいただき大変ありがとうございました。書いてよかったです。。。さて。その先日のエントリーに関連して、id:aggren0xさんに面白いエントリーをいただきました。遺伝統計…

確率と因果を革命的に架橋する:Judea Pearlのdo演算子

皆さまこんばんは。今回から数回のあいだは、久しぶりに統計的因果推論ネタについて書いていきたいと思います。 今回の具体的なテーマは「Judea Pearlのdo演算子」になります。マニアックです。このテーマについては自分でも完全に理解しているわけでは全く…

なぜ共同事実確認に興味があるのか:リスク心理学の観点から

マサヤさんおめでとう!*1 さて。今回は、今週の木曜日(12月8日)の松浦正浩さんのセミナー「マルチステークホルダー状況下における合意形成と科学的情報の接続」の宣伝も兼ねて、なぜリスク研究者である私が「共同事実確認」に興味があるのかについて整理…

東大松浦正浩さん公開セミナー「マルチステークホルダー状況下における合意形成と科学的情報の接続」の告知(正式版)

東大の松浦正浩さんをお呼びしての公開セミナー@国立環境研究所の告知(正式版)です。 来月の12月8日(木)に東大公共政策大学院特任准教授の松浦正浩さんを国立環境研究所にお招きして公開セミナーをやります! 日時: 12月8日(木)13:30-15:30 場所: …

放射性物質の食品健康影響評価WGの評価書案を読んでみた(その3・同情編)

今回はこのシリーズの(その1・憤慨編)(その2・疑問編)にひきつづき、第9回放射性物質の食品健康影響評価に関するワーキンググループ(以下WGと略)による評価書(案)にたいする私の雑感について整理していきたいと思います。今回は最終回となる「そ…

年内の幾つかのイベントのメモ

10月という月は、この冷凍研究学園都市TSUKUBA CITYにおいてKAKEN BOYSの一員としてKAKEN SINSEIにアツレキまくっておりました。というわけでしばらくアイツ姿くらましておりましたが、そろそろ段々とブログに復帰しようかと思っております。 さて今回はちろ…

告知:東大の松浦正浩さんをお招きして公開セミナーをやります!

今日はちょっとセミナーの告知(速報版)を:再来月の12月8日(木)に東大公共政策大学院准教授の松浦正浩さんを国立環境研究所にお招きして公開セミナーをやります! 日時:12月8日(木)13:30-15:30 場所:国立環境研究所 研究本館II 3F 中会議室*1 発表者…

業務連絡:しばらく更新止まります

いろいろエントリーの草稿はたまっているのですが、申請書書き(あと各種の雑多業務)などで首がまったくまわらないのでしばらくweb上から消えます。本当につかれた。がんがります

まとめた保高さん:放射性セシウム汚染土壌の管理・浄化の方法まとめのメモ

産総研の保高徹生さんが、放射性セシウム汚染土壌の管理・浄化の方法についての論考を公開されたのでメモいたします*1。汚染土壌の管理浄化の諸方法についてその利点・欠点・制約条件などをプロの人がまとめたものって意外とないような気がしますので、とて…

なぜ経済協力開発機構がリスク評価に関わるの?

今週は経済協力開発機構(OECD)での会議のためパリに来ていました*1 *2。いま朝の6:00@ホテルなのですが、これから7:00には部屋をでてパリから成田に帰ろうと思っています。今回はまあこういう機会でということで、なぜOECDが化学物質のリスク評価に関わっ…

重回帰の変数選択についての追記:交絡調整との兼ね合い

いまフェスで鹿児島に来ています*1。先日の重回帰の記事の追記として、「相関のある変数を取り除くこと」を「交絡調整」という視点からさくっと語りなおしてみたいと思います。 (これから書くことはたぶん間違ってはないハズとは思うんですが、もし間違って…

重回帰分析における多重共線性への対処ストラテジーのメモ

良い機会なので重回帰分析についてのメモをちょっと残しておきます。今日のネタ本はこちら:Excelで学ぶ共分散構造分析とグラフィカルモデリング作者: 小島隆矢出版社/メーカー: オーム社発売日: 2003/12メディア: 単行本購入: 13人 クリック: 152回この商品…

同情編のための前置き:許容可能リスク・ALARA・予防原則・汚染者負担原則

今回は放射性物質の食品健康影響評価のワーキンググループの評価書シリーズ(過去記事「憤慨編・疑問編」 )の最終回として「同情編」について書こうと思ったのです。が、いざ書こうとすると、いくつかの関連する概念をあらかじめ説明しておかないとエントリ…

重回帰・偏相関・パス解析に関する解説記事のメモ

パトラッシュ、ぼくはもう疲れたよ...と呟きたくなる*1今日この頃ですがみなさまいかがおすごしでしょうか。(ああけっきょく食品安全委員会の件のシリーズをパブコメの〆切前に完結させることはできませんでした...orz) 今回は統計ネタのメモです。さいき…

放射性物質の食品健康影響評価WGの評価書案を読んでみた(その2・疑問編)

このシリーズのその1(憤慨編)にひきつづき、第9回放射性物質の食品健康影響評価に関するワーキンググループ(以下WGと略)による評価書(案)にたいする私の雑感について整理していきたいと思います。今回は「疑問編」になります。(今回もまったくもっ…

村上陽一郎の記事が個人的に衝撃的だった件

食の安全情報blogさんの以下の記事:放射線リスクの真実 〜ジャンクサイエンスに惑わされないために - 食の安全情報blogに触発され今月の中央公論を買って読んでみたのですが、個人的には上記の記事*1よりも、その後の村上陽一郎のインタビュー記事が衝撃的…