読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take a Risk:林岳彦の研究メモ

自らの研究に関連するエトセトラについてのメモ的ブログです。主にリスク学と統計学を扱っています。

農薬の使用を巡る行政側と科学者の対立のニュースのメモ

リスク

Natureにカリフォルニア州で行政側と科学者が農薬の使用の許諾について対立しているという記事があったのでメモしておきます。

Scientists fume over California's pesticide plans

リスクトレードオフなう、という感じの話ですね。

California Department of Pesticide Regulation (DPR) による以下のコメントが非常に印象的。

The DPR, however, has defended its decision to move forward with allowing the fumigant. "The review members are experts in assessing pesticide risks, not in regulatory risk management that leads to decisions on registration," the DPR said in a statement to Nature. "Risk management is a distinct process of weighing scientific and other factors."

こう言われちゃ身も蓋もないけど、この辺りのガチなやりとりが米国ならではという感じ。