読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take a Risk:林岳彦の研究メモ

自らの研究に関連するエトセトラについてのメモ的ブログです。主にリスク学と統計学を扱っています。

告知:東大の松浦正浩さんをお招きして公開セミナーをやります!

今日はちょっとセミナーの告知(速報版)を:

再来月の12月8日(木)に東大公共政策大学院准教授の松浦正浩さんを国立環境研究所にお招きして公開セミナーをやります!

日時:12月8日(木)13:30-15:30
場所:国立環境研究所 研究本館II 3F 中会議室*1
発表者:松浦正浩さん(東京大学公共政策大学院准教授)

今回は国立環境研究所以外の方々も参加大歓迎の「公開セミナー」として開催します!*2
とりあえずつくば近辺でご興味のおありの方は12月8日にくれぐれもうっかりとヤボ用などをいれぬようご注意ください!


ご講演内容については、「"科学的正当性"と市民・政治・行政の関係」「政策形成・合意形成・意思決定」「弁護科学」「共同事実確認(Joint Fact-Finding)」などがテーマ&キーワードとなるかと思います。(詳細については後日改めてお知らせいたします)

(個人的には、松浦さんを国環研でのセミナー講師としてお呼びすることは、くしくも今年の3月8日松浦さんの本に関するエントリーで『ぜひ一度著者の方をセミナーなどでつくば方面にお呼びしたいものです。。。』と書いているようにもともと一つの念願でした。その直後に311があり、その思いはどんどん切実かつずんずん重いものとなっておりましたが、今このタイミングで何とかお呼びすることができまして本当に感無量です*3


とりあえずたくさんの皆様のご来場をお待ちしております!(ぺこり)


*あととりあえずこの松浦さんの本はマジ名著だから読んだほうがいいと思うよ:

実践!交渉学 いかに合意形成を図るか (ちくま新書)

実践!交渉学 いかに合意形成を図るか (ちくま新書)

大真面目に311以降の日本について考える上でもマストリードの本だと思います。(とりあえず本セミナーの予習がてらマストBUY&READってことでどうぞよろしくです)

*1:後日改めて地図・順路等お知らせいたします

*2:ふだんは所内向けセミナーの枠なんすよ

*3:本セミナーの件をご仲介いただいた岸本さんに非常に感謝しております