読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take a Risk:林岳彦の研究メモ

自らの研究に関連するエトセトラについてのメモ的ブログです。主にリスク学と統計学を扱っています。

生態学会誌特集(60巻第2号):生物の空間分布・動態と生態的特性との関係:マクロ生態学からの視点

tweet的感想メモ。


・大変勉強になった。こういうのをまとめて読めるのは大変ありがたい。企画者/執筆者の皆様に感謝。
・全体を通して、「予測」というものに対してやや無邪気に楽観的だなあという印象。一般論として、生態学者はこと「予測」に関するエトセトラについてはかなり素人だと思う。自戒を込めて。
・極私的かつ身勝手な感想:辺境研究室出身の理論生態学者の端くれ(兼隠れ巌佐研ウォッチャー*1)の私としては、この特集を読んで「嗚呼ついに時代が久保さんに追いついてきたのかも」という感慨を抱いてしまいました。
・「予測・管理」に関わる上では、データ/Evidenceとのやや一筋縄ではいかぬコミュ力が必要。自戒を込めて。


関連文献

明日をどこまで計算できるか?――「予測する科学」の歴史と可能性

明日をどこまで計算できるか?――「予測する科学」の歴史と可能性

*1:辺境研究室出身の理論生態学者にとっては巌佐研というのは憧れの聖地なのです/FCバルセロナ的な