読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take a Risk:林岳彦の研究メモ

自らの研究に関連するエトセトラについてのメモ的ブログです。主にリスク学と統計学を扱っています。

A. Gelmanのブログ記事のメモ:赤池弘次とマンデルブロ

統計

A.Gelmanのブログにマンデルブロ赤池弘次の仕事の関連についての記事があったのでメモしておきます。純粋にメモ。

Mandelbrot and Akaike: from taxonomy to smooth runways (pioneering work in fractals and self-similarity) « Statistical Modeling, Causal Inference, and Social Science Statistical Modeling, Causal Inference, and Social Science

Akaike is cool « Statistical Modeling, Causal Inference, and Social Science Statistical Modeling, Causal Inference, and Social Science

以下のGelmanの視点も興味深いので文も引用。(強調引用者)

P.S. I've placed this in the Multilevel Modeling category because fractals are a form of multilevel model, although not always recognized as such: fractals are hi-tech physical science models, whereas multilevel modeling is associated with low-grade fields such as education and social science. The connection is clear, though, when you consider Mandelbrot's taxonomy model or the connection between Akaike's dynamic model of roughness to complex models of student, teacher, and classroom effects.

私にはちょっと難しいですが、赤池弘次の時系列自己相似の話とマンデルブロの"taxonomy model"の話について、"Multimodel Modeling"という観点から関連を語っているみたいですね。

この辺りの噺はテーマ的には三中師に語っていただければベストというかんじでしょうか。


Bayesian Data Analysis, Second Edition (Chapman & Hall/CRC Texts in Statistical Science)

Bayesian Data Analysis, Second Edition (Chapman & Hall/CRC Texts in Statistical Science)

  • 作者: Andrew Gelman,John B. Carlin,Hal S. Stern,Donald B. Rubin
  • 出版社/メーカー: Chapman and Hall/CRC
  • 発売日: 2003/07/29
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 2人 クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (17件) を見る
系統樹思考の世界 (講談社現代新書)

系統樹思考の世界 (講談社現代新書)