読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take a Risk:林岳彦の研究メモ

自らの研究に関連するエトセトラについてのメモ的ブログです。主にリスク学と統計学を扱っています。

オーマイガー:iPhone5を落としてガラスが割れたあとの修理段取りのメモ

こんにちは。林岳彦です。もし「ゆらゆら定食」ってのがあったらそれは食べにくいと思います(揺れてるから)。


さて。

やっちまいました。自宅内でズボンのポケットから取り出そうとしたときに、ポロッと。そしてガチャっと。

いやはや、もうこんなかんじですよ(こんな状態でも操作は可能でした):

ほんと、本格的に強く落ち込みました。ハルクホーガンがリングサイドから登ろうとする猪木にアックスボンバーを喰らわせたとき以来の衝撃でしたよ。


で、実際にiPhoneを破損すると多少なりともパニクるのですが、今後このような悲運に見舞われた方々のための不幸中の一助となりますように、『iPhone5のガラス破損→Appleサポートによる修理』の際の段取りについてメモっておきたいと思います。

(以下、私の環境により「ソフトバンク」の例になっていますが、たぶん手続きは基本的にauでも変わらないのかなあと思われます)

メモ:Appleサポートによる修理の段取り(*2013年3月中旬の事例)

(1) ソフトバンクショップに電話する

まずはiPhone5を購入した店に「落としてガラス割れちゃいました」と電話してみました。そしたら「こちらでは何もできないので、Appleのサポートの方に電話してください。番号はxxx-xxxxです」との返答。とりあえずAppleサポートの電話番号をゲットです。

(2) Appleのサポートに電話する(事前にシリアルナンバーを確認しておこう)

次にAppleサポートへ電話。最初はオペレータ音声での対応となり、5分くらい待たされたのち、Appleサポートの中の人に繋がりました*1

Appleサポートさんに「iPhone5を落としてガラス破損したので修理したい」とこちらの状況を伝えると、とりあえずiPhoneのシリアルナンバーを聞かれました(*なので、Appleサポートに電話する際にはシリアルナンバーを事前に確認しておきましょう*2)。

で、Appleサポートさんの説明によると:

  • ガラス破損の場合には基本的に新品交換となる
  • 私の居住地の場合には「郵送での対応」となる*3
  • 具体的な段取りは『ヤマト運輸が破損したiPhoneを自宅まで引取りに来てくれる』→『Appleの工場での破損確認』→『新品の交換品をヤマト運輸が自宅まで届けくれる』
  • 修理代金(諸々込)は20,801円(←「本体代」だと思えば安いが、「ガラス代」だと思うと高すぎてかなり凹む...)
  • 支払いはクレジット払いまたは代引き*4

私がiPhone5を破損したのは木曜日でしたが、その時点でのヤマト運輸の自宅引取り日時は最短で「2日後(土曜日)から指定可能」ということでしたので、土曜日の夕方の引取り指定にしてもらいました。

(3) iPhoneのバックアップを取る

ヤマト運輸による引取りに際して、Appleサポートさんから言われたことは:

です。何はなくとも、バックアップはしっかりとっておきましょう。あと、このときにバックアップ日時もちゃんとメモしておくと安心です。(ガラス破損の場合には"修理"ではなく"新品交換"となるので、後で中身を復元するためにバックアップを取っておくのは本当に強く大事です!)

(4) ヤマト運輸の人が取りに来てくれるので渡す

Appleサポートさんとの電話での予約時間通りに、破損から2日後(土曜)の夕方にヤマト運輸の方が引取りに来てくれました。

渡すときには「SIMカードなし・ケース類なし」の裸の状態で渡します。

(5) 代替の携帯をソフトバンクショップで借りる

携帯がないと不便ですが、修理中は無料で代替機を借りることができます。

最寄りのソフトバンクショップに行き、「iPhoneが修理中なので代替機をお借りしたいのですが」と伝えればあっさりと無料で貸してもらえます*5

携帯の代替機を借りるときには、以前に取り外したiPhoneのSIMカードを流用することになります(なので代替機でも同じ電話番号を使える)。忘れずにお店に持って行きましょう。

で、貸してもらえる機体はiPhone 4だったりするのですが、iPhone5の場合には特殊なSIM(マイクロSIM)を使用しているので、店のほうでSIM-マイクロSIMアダプターが出払っていて対応できない時もあるようです。なので、代替機を借りに行くときには、事前でお店に電話で問い合わせしておいたほうが良いかと思われます*6

(6) ヤマト運輸の人が届けてくれるので受け取る

土曜の引取りでしたが、3日後(翌週の火曜)の午前中には新品のiPhone5が届きました。

意外と早かった。

(7) 代替の携帯を返す

新品のiPhone5が届いたら、お店に代替として借りていた携帯を返しましょう。

(8) バックアップを復元する

新品のiPhone5が届いたらバックアップを復元しましょう(iOSでのバックアップからの復元方法)。復元の際のバックアップ元としては、引取りの前に行ったバックアップの日時のものを選んでくださいね。

バックアップでの復元でたいていのものは元通りに戻りますが、ソフトバンクのeメールなど一部の設定は再度やり直す必要があります(メールアドレスの設定方法)。

ちなみに:もし保険に入っていたら?

ちなみに私はiPhoneの保険の類には入っていませんでした。今更ながらiPhoneの保険を調べてみると:

あんしん保証パックとAppleCare+って両方入るべき?(費用比較表付き) - たのしいiPhone! AppBank

ベース料金として、Appleの提供する「Apple Care+」が2年で8,800円、ソフトバンクが提供する「あんしん保証パック」が2年で12,000程度(月額約500円)になるようです。

で、今回の私のケースのような、過失での全交換の場合、Apple Care+で4,400円、あんしん保証パックで3,120円ほどの追加料金がかかるようです(詳しくは上記リンク参照)。

なので、もし保険に入っていても今回のケースではどのみち2年総額で13,200円かかる(Apple Care+の場合)わけで、保険なしの場合の20,801円と比べると、壊す確率を考えると、まあけっこうビミョウな感じはしますね。

うーむ。次回はApple Care+入ろうかなぁ。。。どうしようかなぁ。。。

ちなみに2:今回の落下→ガラス破損に関する考察

ちなみに私、一応ケースもつけてたんですよね。これです:

薄くてスタイリッシュなのでけっこう気に入っていたのですが。私のiPhoneを護ってはくれませんでした、ね。

一応構造上も、普通に床に落としたときにガラス面が直接床面に触れるようなことはないように思われるのですが、当たりどころが悪かったのか、周りの金属部フレームへの衝撃が緩衝されきれずにガラス部に伝わってしまったようです。

ぐぬう!

で、今回、泣く泣くケースとガラス面強化グッズを増強しました(この辺りでまた地味に金が出て行くのです...):

実際につけてみると厚くて野暮ったいのは否めませんが、安心感はありました。

ていうか結論はこれですね:

「そもそもiPhoneを落とさないように気をつけましょう」

段取り等のまとめ

まとめます:

  • 手続きは意外と簡単かつスムーズでした(←主観)
  • ガラス破損の修理代は20,801円(というか修理ではなく新品と交換になる)
  • 破損→新品到着までの期間は一週間弱(例:木曜破損→翌週火曜日交換品到着)
  • 修理中の代替の携帯は無料で貸し出してくれる
  • 保険に入るかどうかはビミョウなところ
  • そもそも落とすな


ともあれ、上記のメモがみなさまのお役にたちませんように!(いやiPhone落として壊すとかなり落ち込むし手間と時間もかかるし万札もぴゅーと飛んでいくのでほんと痛いっす...)



.

*1:ちなみに電話をしたのは平日の昼休み時間

*2:シリアルナンバーはiPhone本体の裏側に記載されています

*3:付近に直接持込での修理対応が可能なところがないので

*4:私はクレジット払いを選択しました。多少気持ち悪いですが、電話口でクレジット番号を伝える形になります

*5:Appleサポートの方で修理手続きがちゃんと行われていることがおそらく前提

*6:私の場合、最初に電話したイーアスつくば店では「今アダプターがないので対応できません」と言われたので、研究学園店でお借りしました